資格勉強

【Salesforce 資格】取得メリットや合格方法まで徹底解説!

資格勉強
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。

この記事では下記について解説していきます。

  • どんな種類があるか
  • 取得によるメリットは?
  • それぞれの難易度は?
  • 勉強方法は?

Salesforceを初めて触る方でも、
資格にこれから挑戦したいという方も、
一度落ちてしまって次への対策を変えてみたいという方も
一度この記事を読んでいただければSalesforceの資格について
全て理解できると思います。

スポンサーリンク

取得メリットや合格方法まで徹底解説!

Salesforceの資格・難易度は?勉強方法は?

ここにきていただいた皆様は少なくとも
Salesforceに少しでも携わっている方々だと思います。
そして、動機はどうあれ資格取得に向けて
何かしら動き始めたのではないかなとも思います。

Salesforceの資格は全部で26資格あります。
2020年8月現在28資格でした!
それぞれの資格は基本資格、上位資格に分かれており、
一部の上位資格は基本資格を持っていないと受験資格がないため、
まずは基本資格への挑戦から始めることになります。

Salesforceの資格ロードマップはこちら

Salesforceをこれから触り始めるという方に是非おすすめなのが

  • SALESFORCE 認定アドミニストレーター
  • SALESFORCE 認定 PLATFORM アプリケーションビルダー

開発者としての資格を取得したい方におすすめなのが

  • SALESFORCE 認定 PLATFORM デベロッパー

上位資格にチャレンジする第一歩目におすすめなのが

  • SALESFORCE 認定 上級アドミニストレーター
  • SALESFORCE 認定 SALES CLOUD コンサルタント

もちろん今携わっているお仕事や案件によって取得するべき
資格も変わってくると思いますので是非先ほどのリストを参考に
自分が受けるべき資格を見つけてみてください。

資格取得のメリットは?

資格取得のメリットは?

Salesforce認定資格はベンダー資格ですが、
取得によるメリットはかなり大きいものが期待できます。
なぜならSalesforceは世界中で使われている世界No.1のCRMアプリケーションであり
今後も成長が見込める巨大な企業であるということです。

また、ベンダー資格にありがちな更新料が高額ということはなく、
Trailhead内で更新のためのバッチを取得すればOKという
わかりやすい仕組みもありがたいです。

Salesforce自身も資格取得保持者の多い企業に対して優先的に
案件を渡すなどわかりやすい仕組みのため、
企業でも資格取得のサポートをしているところは多いと思います。

資格の難易度は?

初心者でも取得できる?資格の難易度は?

挑戦する資格にもよりますが、これからSalesforceを触り始めるという
初心者の方でも勉強方法次第で問題なく合格できます。
初心者の方にまずおすすめなのが、

  • SALESFORCE 認定アドミニストレーター

アドミニストレータの資格についてまとめ

こちらは比較的合格しやすい資格といえると思います。
TrailheadやWeb上でも様々な情報が出回っているので、
情報収集もしやすい資格です。

すでに基本資格を取得している方で
これから上位資格を受験するという方で特に難易度が高いのが下記です。

  • SALESFORCE 認定 上級PLATFORM デベロッパー
  • SALESFORCE 認定 上級アドミニストレーター
  • SALESFORCE 認定 SALES CLOUD コンサルタント

この3つは上位資格の中でも特に難易度は高いです。

次に解説している勉強方法を実践して、
しっかり対策を練った上でチャレンジする事をおすすめします。

勉強方法はこれでOK?!しっかり対策で合格へ!

勉強方法はこれでOK?!しっかり対策で合格へ!

どんな資格試験でも同じですが、準備をしっかりしておくにこしたことはありません。
Salesforceは26もの資格がありますので、
それぞれ勉強するポイントはもちろん違いますが、
全ての試験に言えることがあります。

  • 必ず試験ガイドを熟読する
  • 試験問題(想定)を解いておく
  • Trailheadなどの環境を使って手を動かしておく

この3点を忠実にしていただくと合格へはグッと近づくと思います。
特に受験ガイドには出題に関するワードが含まれているため、そのワードを元に
Salesforceの公式のドキュメントを見て足りない点を補うということができます。

試験問題に関しては当ブログでも掲載していますので是非ご活用ください。
あくまでも想定の問題集ですが、ポイントをつかんでおくことで実際の受験に向けて
しっかり準備をしておくことができます。

それぞれの資格問題を見てみましょう。

Trailheadで手を動かすのは頭に入った知識を実際に確かめるためです。
意外に設定画面の細かい文言を問われたりもしますので、やっておいてよかった
というケースに遭遇することもあります。


ここまでご覧いただきありがとうございます。

Salesforceの資格取得のまず第一歩を踏み出しましたね。
当ブログでは資格取得に向けて全力で応援します!

Salesforceについてのおさらいをしていきたい方はぜひこちらからどうぞ。

たくさんの試験問題を用意していますので是非チャレンジしてみてください。

不安点や疑問点を実際に聞いてみたい方は是非お問い合わせください。