Administrator

【画面フロー】取引先の情報を引き継いで商談を作成する

Administrator
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
これまで全然フローに関する記事を書いて来なかったんですが、
触る機会があまりなかったというのがありまして。

ただ、最近ローコードの動きが強く、やはり開発しなくてもいいものは開発ではなく。
というお客様が確実に増えているのを実感してまして、
自分でもフローを触る機会がかなり増えたので勉強できた事を
記事に残していこうと思います。

今回はすごく基本的な事も含めて、作成方法から書いていきます。

スポンサーリンク

フローを作る

まず画面フローを出す時、クイックアクションからフローを呼び出して、
そのレコードに関連する項目の値を表示させておいて、関連レコードを作成したり、更新したりまたは分岐させたりというのが多いと思います。

じゃあまずは設定→フローから行って、新規フローから進んでいきましょう。

今回は画面フローを選びます。

次に左側のツールボックスから、マネージャ(自動レイアウトじゃない場合)、新規リソースを押してクイックアクション起動時に受け取るレコードのId用の変数を作成します。

変数名はrecordIdにしときましょう
入力で使用可能にチェックを入れるのも忘れずに

では今回は商談のレコードを作成する想定で、取引先情報を引き継ぐみたいな感じにしてみるので取引先のレコードを取得してみます。

取得したAccountが入る変数も用意しておきます。

表示用なのでViewAccount

レコード取得は先ほど作成したrecordIdに一致するIdを取得します。

で、保存するのは最初のレコードのみにして、先ほど作成した変数に格納します。
これで先程の見せる用のAccount変数に値が入ります。
今回は産業コードを商談に引き継ぐってのをやってみます。

商談の必須項目はName、完了予定日、フェーズなので
数式や、選択リスト選択肢セットのリソースでそれも準備します。

商談名は自動で取引先名+商談+今日の日付にします
フェーズは商談のフェーズを準備します。

画面に表示させよう

では画面に表示させたい情報が揃ったので、いよいよ画面コンポーネントを触っていきます。

目指すはこんな感じです。

まず、

  • 商談名=テキスト
  • 完了予定日=日付
  • フェーズ=選択リスト
  • 産業コード=テキスト

というコンポーネントを配置しています。
でそれぞれに先ほど作成した値を当てはめていきます。
(完了予定日だけは必須にするだけ)

商談名には先程の数式をデフォルト値に設定。

フェーズには先程の選択リスト選択肢セットを選択肢に設定。

産業コードには先ほど取得した取引先の産業コードをデフォルト値に設定します。

入力内容で商談を作成する

ではこれでデバッグするとこんな感じです。

フロー側はこんな感じ。

では最後に入力された値で商談を作成します。

それぞれのコンポーネント(テキストとか日付)で設定したApi名がここで出てくるので
商談の項目に当てはめます。

ではこれを繋げて再度デバッグしてみます。

商談名にテストやでを追加してみました。
次へを押すと。。。

成功ですね!うまく作成できました!

まとめ

正直今回やった関係性ならクイックアクションでもできなくはないんですが、
あくまでもフローの基礎という事でやってみました。

ぜひこれを応用して様々な画面フローを作れるようになっていきたいですね。