資格勉強

【試験問題】Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト 資格取得へ①

資格勉強
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
引き続き試験対策問題集シリーズやっていきます。
今回はPardotスペシャリストをやっていきます。
試験にチャレンジする予定の方は一緒にやっていきましょう!

スポンサーリンク

問1

Pardot socialを介して投稿できるFacebookアカウントはどれですか。 (2つ選択)

A.Instagramリンクページ
B.個人用ページ
C.ビデオページ
D.会社のページ

B.個人用ページ
D.会社のページ


問2

コネクタユーザーになるのに必要な、Pardotユーザーロールはどれですか。

A.セールス
B.セールスマネージャー
C.マーケティング
D.システム管理者

D.システム管理者


問3

PardotのランディングページにPardotフォームを埋め込む場合、
どのレポートを見れば提出できますか?

A.フォームテンプレートレポート
B.ランディングページテンプレートレポート
C.フォームレポート
D.ランディングページレポート

D.ランディングページレポート


問4

ビジターレコードではどのような情報を見ることができますか? (3つ選択)

A.訪問回数
B.フォーム送信の数
C.ページビューの数
D.ホスト名
E.メールアドレス

A.訪問回数
C.ページビューの数
D.ホスト名


問5

サードパーティのWebページに表示されるバナー広告のエンゲージメントを追跡する最良の方法は何ですか?

A.トラッキングコード
B.カスタムリダイレクト
C.ページアクション
D.採点カテゴリー

B.カスタムリダイレクト


問6

セグメンテーションルールに対してオートメーションルールをいつ使用しますか? (2つ選択)

A.リストのセグメンテーションではないオートメーションルールを実行する場合
B.ルールを複数回実行する場合
C.オートメーションルールをリアルタイムで実行したい場合
D.プロスペクト情報をSalesforceに1回限りのアクションとしてプッシュする場合。

B.ルールを複数回実行する場合
C.オートメーションルールをリアルタイムで実行したい場合


問7

Pardotでスコアリングをアクティブ化するにはどうすればよいですか?

A.[管理]→[自動化設定]→[スコアリング]に移動します
B.マーケティング→セグメンテーション→スコアリングに移動する
C.アカウント設定で「スコアリングを有効にする」をクリックする
D.対応の必要なし、スコアリングはデフォルトで有効になっています

D.対応の必要なし、スコアリングはデフォルトで有効になっています


問8

Pardot内のソーシャルメディアコネクタから何を追跡できますか?

A.リンクのクリック、共有、コメント、リツイート、いいね!
B.リンクのクリック、返信、コメント、リツイート、いいね!
C.リンクのクリック、返信、ダイレクトメッセージ、リツイートなど。
D.リンクのクリック、返信、印象、コメント、いいね!

B.リンクのクリック、返信、コメント、リツイート、いいね!

問9

どのメールタイプに完了アクションを設定できますか?

A.自動返信メール
B.エンゲージメントメール
C.システムメール
D.メールのリスト

D.メールのリスト

問10

電子メールレポートのメトリック「配信済み合計」はどのように計算されますか?

A.送信された総数からハードバウンスとソフトバウンスを差し引いた数
B.オープンおよびハードバウンスとソフトバウンスを差し引いた総数
C.送信された総数からハードバウンスを差し引いた数
D.送信された総数からオプトアウトを除いた数

A.送信された総数からハードバウンスとソフトバウンスを差し引いた数


お疲れ様でした。
まず10問です。
ぜひ、チャレンジしてみてください!

次の問題はこちらです。

その他の試験問題集はこちらです。資格取得に向けてどんどん問題を解いていきましょう!

Salesforceの資格についておさらいしてみましょう。自分にあった資格は?次に目指すべき資格は?を詳しく解説しています。

FieldServiceLightningコンサルタントの受験体験記

Salesforceの資格取得に向けて頑張っている方を全力でサポートしています!

コメント