資格勉強

【試験問題】Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト 資格取得へ⑥

資格勉強
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
引き続き試験問題集シリーズやっていきます。
Salesforce Pardot スペシャリストの試験問題を掲載していきます。
今回は51問目からです!

スポンサーリンク

問51

Pardotの従業員にリモートアクセスをどのように提供しますか?

A.Pardot Advocatesページにアクセスする
B.人のアイコンにカーソルを合わせ、[アクセスを許可]をクリックする
C.サポートに電話する
D.アカウントマネージャーにメールを送信する

B.人のアイコンにカーソルを合わせ、[アクセスを許可]をクリックする


問52

Pardotキャンペーンレポートで収集される指標は何ですか? (3つ選択)

A.商談ごとの収益
B.商談あたりのコスト
C.商談ごとの見通し
D.インタラクションあたりのコスト
E.プロスペクトあたりのコスト
F.プロスペクトごとの商談

B.商談あたりのコスト
E.プロスペクトあたりのコスト
F.プロスペクトごとの商談


問53

Pardotアカウントの確認済み送信ドメインをどのようにして見つけますか?

A.管理→ドメイン管理
B.管理→概要
C.設定→ドメイン管理
D.設定→確認済みドメイン

A.管理→ドメイン管理


問54

ダイナミックリストで始まるEngagement Studioプログラムがあります。
見込み客はステージ1および2を完了し、その後、ダイナミックリストに設定された基準に一致しなくなります。 1か月後、ダイナミックリストの基準に再び一致します。 何が起こりますか?

A.プロスペクトがプログラムを最初からやり直す
B.プロスペクトが戻ってステージ2を繰り返す
C.プロスペクトが戻ってステージ3に進む
D.プロスペクトがプログラムに再参加しない

C.プロスペクトが戻ってステージ3に進む


問55

一度にいくつのSalesforceコネクタを確認できますか?

A.1
B.2
C.3
D.4

A.1


問56

ビジターを手動で新規または既存の見込み客に変換するにはどうすればよいですか?

A.作成/一致
B.新規/一致
C.作成/関連付け
D.新規/アソシエイト

C.作成/関連付け


問57

「識別されたビジター」でビジターテーブルをフィルタリングすることにより、以下を表示できます。

A.名と姓が識別されたすべてのビジター
B.特定された会社のすべてのビジター
C.追跡が確認されたすべてのビジター
D.特定された商談を持つすべてのビジター

B.特定された会社のすべてのビジター


問58

Engagement Studioでトリガーとして使用できるのは次のどれですか?

A.Salesforceキューに割り当て
B.メールリンクのクリック
C.ファイルのダウンロード
D.スコア調整

B.メールリンクのクリック
C.ファイルのダウンロード

問59

次のプロスペクト活動のうち、プロスペクトのスコアを増減できるものはどれですか。(3つ選択)


A.メール配信停止
B.ランディングページエラー
C.メールを開く
D.カスタムリダイレクトクリック
E.フォームビュー

B.ランディングページエラー
C.メールを開く
D.カスタムリダイレクトクリック

問60

Pardotのランディングページを使用する理由はなんですか?

A.見込み顧客から追加情報を収集する必要がないため
B.特定の製品/サービスの提案でコンバージョンを増やす
C.ウェブサイトのデザインが嫌いだから
D.ウェブサイトのSEOランキングが低いため

B.特定の製品/サービスの提案でコンバージョンを増やす


お疲れ様でした。
ぜひ、チャレンジしてみてください!

次の問題はこちらからどうぞ!

最初からはこちらからどうぞ!

その他の試験問題集はこちらです。資格取得に向けてどんどん問題を解いていきましょう!

Salesforceの資格についておさらいしてみましょう。自分にあった資格は?次に目指すべき資格は?を詳しく解説しています。

FieldServiceLightningコンサルタントの受験体験記

Salesforceの資格取得に向けて頑張っている方を全力でサポートしています!

コメント