資格勉強

【試験問題】Salesforce 認定 Data Architecture And Management デザイナー 資格取得へ④

資格勉強
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
今回はアーキテクチャ系の資格の一つ、
Salesforce 認定 Data Architecture And Management デザイナーの
試験想定問題集を載せていきます。

今回は31問目からです!

スポンサーリンク

問31

Cosmic Harvestは、Salesforceに200,000を超える取引先レコードを持っています。 同社のデータスチュワードは、多くのユーザーがアカウントレコードの作成および更新中に不正確または不完全な情報を入力していることを発見しました。 データスチュワードが個々のレコードを正確なデータと並べて比較してデータ品質を監視できるようにするには、次のどれを使用できますか? 回答を1つ選択してください。

A.マッチングルール
B.データ拡張
C. Data.comクリーン
D. D&Bオプティマイザー

D. D&Bオプティマイザー


問32

Cosmic Foods&Goodsは、500,000を超える取引先レコードを持つSalesforce組織を使用しています。 会社の販売ユーザーは、非常によく似た名前、電話番号、または電子メールアドレスを持つさまざまなアカウントを識別しています。 この問題を解決し、同様の属性を持つアカウントレコードがさらに作成されないようにするために、システム管理者が利用できるソリューションは次のうちどれですか。 2つの答えを選択してください。

A.データ統合ルールを使用して、重複するレコードを識別します。
B.重複および照合ルールを使用して、追加の重複レコードが作成されないようにします。
C.ネイティブツールを使用して、類似のアカウントレコードをマージする。
D.カスタムアプリケーションを使用して重複を管理する。

B.重複および照合ルールを使用して、追加の重複レコードが作成されないようにします。
C.ネイティブツールを使用して、類似のアカウントレコードをマージする。


問33

Cosmic Innovationsは、スマートホーム製品を販売する会社です。 Salesforceで「スマートソリューション」と呼ばれるカスタムオブジェクトを使用して、会社が販売したスマートホーム製品に関するデータを保存します。 会社のディレクターは、製品の分類アプローチの実装に関心を持っています。 スマートホーム製品には、「デバイス」、「システム」、「ガジェット」があります。 この要件に対してソリューションアーキテクトは何を推奨すべきですか?

A.「スマートソリューション」オブジェクトの検索関係フィールドを使用して、自己関係を定義します。
B.主従関係フィールドを持つ新しいカスタムオブジェクトを作成します。
C.「スマートソリューション」オブジェクトに新しいカスタム選択リストフィールドを定義します。
D.スマートホーム製品の種類に関する情報を格納する3つの新しいカスタムオブジェクトを作成します。

C.「スマートソリューション」オブジェクトに新しいカスタム選択リストフィールドを定義します。


問34

Cosmic Solutionsのデータアーキテクトは、「Performance Review」や「Inventory」などの特定のカスタムオブジェクトのレコードを定期的にアーカイブおよびパージするための計画を設計しています。 効果的なアーカイブ戦略を設計するための重要な考慮事項は次のうちどれですか。
3つの答えを選択してください。

A.アーカイブされたデータがレポートに必要かどうかを検討する必要があります。
B.アーカイブ戦略に影響を与えるような規制上の制約を考慮する必要があります。
C.レポートの目的で、情報を集計レコードに集約できます。
D.各カスタムオブジェクトで定義されている履歴保持ポリシーの数は、レコードをアーカイブする際に考慮する必要があります。
E.現在カスタムオブジェクトにアクセスできるユーザーのプロファイルから権限を削除する必要があります。

A.アーカイブされたデータがレポートに必要かどうかを検討する必要があります。
B.アーカイブ戦略に影響を与えるような規制上の制約を考慮する必要があります。
C.レポートの目的で、情報を集計レコードに集約できます。


問35

Cosmic Electronicsは、データを統合し、Salesforceと会社で使用されている他のエンタープライズシステムとの間の重複や不一致を解決するためのマスターデータ管理ソリューションの実装を検討しています。 次のうちどれが実装のために考慮すべき最も重要な要素ですか? 2つの答えを選択してください。

A.統合が必要なオンプレミスシステムの存在
B.統合する必要があるシステムの数
C.さまざまなタイプのデータの記録システム
D.統合する必要があるシステムの場所

B.統合する必要があるシステムの数
C.さまざまなタイプのデータの記録システム


問36

Cosmic Supermarketは、マスターデータ管理ソリューションを利用して、Salesforceを含む複数の情報システムをまもなく統合するグローバル企業です。 システムアーキテクトは、その実装を支援するために雇われました。 どのシステムを記録システムにするかを決定するために、データアーキテクトはどのアプローチを使用する必要がありますか?

A.データフローをビジネスユーザーと見直して、記録のシステムを決定する必要があります。
B.レコードを更新するシステムは、常にレコードのシステムである必要があります。
C.更新を受け取る最後のシステムは、記録システムでなければなりません。
D. MDMシステムは常に記録システムである必要があります。

A.データフローをビジネスユーザーと見直して、記録のシステムを決定する必要があります。


問37

Cosmic Service Solutionsは、オンプレミスシステムを使用して、会社のフィールドサービスエージェントが送信した修理に関する情報を含む定期的なレポートを生成します。 システムは、全国の顧客サイトからカスタムWebアプリケーションを使用してフィールドサービスエージェントが送信したデータに基づいて、15分ごとに100のレポートを生成します。 これらのレポートを表すオンプレミスシステムには、3500万を超えるレコードがあります。 同社のサポートディレクターは、ストレージにSalesforceを使用することを検討しています。 オンプレミスシステムのレコードもSalesforceで生成する必要がある場合、次の制限のうちどれを検討する必要がありますか? 2つの答えを選択してください。

A. Apexガバナーの制限
B.メタデータの制限
C. APIリクエストの制限
D.データストレージの制限

C. APIリクエストの制限
D.データストレージの制限


問38

Cosmic Solutionsのセールスマネージャーは、モバイルデバイスを使用して、外出先でアドホックフィルターを追加できる主要なセールス関連データを含むダッシュボードを表示できる必要があります。 この要件に対してデータアーキテクトが推奨するのは次のうちどれですか。

A.営業活動ダッシュボード
B. Einstein Analyticsダッシュボード
C. Lightning Experienceダッシュボード
D.サードパーティのビジネスインテリジェンスツール

B. Einstein Analyticsダッシュボード


問39

Cosmic Enterprisesは、SalesforceのAccountオブジェクトを使用して、B2BおよびB2C顧客に関する情報を保存します。 受注は、REST APIをサポートする外部システムで管理されます。 毎月数万件の取引先レコードがSalesforceに追加されます。 機会の獲得時に、受注の作成に関する情報が外部システムに送信されます。 同社は通常、毎月50万件以上の受注を獲得しています。 会社の営業部長は、Salesforceで必要なときに営業担当者が販売注文を表示できるようにしたいと考えています。 彼は、Salesforceのストレージ容量に追加料金を支払うことを好まないでしょう。 この要件に対して建築家は何を推奨するべきですか?

A. Salesforceに販売注文を保存する大きなオブジェクトを作成します。
B. Salesforceに販売注文を保存するカスタムオブジェクトを作成します。
C.注文への「表示」アクセスを許可する外部オブジェクトを作成します。
D.データウェアハウスを使用して、既存および新規の販売注文を保存します。

C.注文への「表示」アクセスを許可する外部オブジェクトを作成します。


問40

Cosmic SolutionsのITマネージャーは、Salesforceを含むさまざまなエンタープライズシステムにさまざまなデータエンティティを保存する方法を定義するデータディクショナリを構築したいと考えています。 データディクショナリは、社内で使用されるすべての主要なアプリケーションとビジネスドメインをカバーする必要があります。 Salesforceのデータエンティティを含むデータディクショナリを構築するために利用できるのは、次のうちどれですか。 2つの答えを選択してください。

A. SOQL
B.メタデータAPI
C. SOAP API
D.エンティティ関係図

B.メタデータAPI
D.エンティティ関係図


まだまだ続きますので、ぜひチャレンジしてみてください!

次の問題はこちらからどうぞ!

初めからはこちらからどうぞ!

他の試験問題集はこちらです。

標準機能のその他の記事はこちらです。

試験対策をさらに強力にサポートします。

コメント