資格勉強

【Salesforce 資格】〜受験体験記〜 Pardot スペシャリスト

資格勉強
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
今回はSalesforce 認定 Pardot スペシャリストの試験を受けてきましたので、
その体験記を書いていきたいと思います。
ちなみに2回受けてきました。。。

1回目は不合格でした。。。
不合格をみてすぐに自分に足りていないところを再確認し、
次の日に再受験を申し込みまして、
2回目は合格しました!!!!

と、なんとか合格できたんですが、
受験までの勉強方法や勉強時間、どんな試験だったかを
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【Salesforce 資格】〜受験体験記〜 Pardot スペシャリスト

【Salesforce 資格】〜受験体験記〜 Pardot スペシャリスト

今回僕が受験したのは、

Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト

という試験です。
Salesforceの製品の一つである、MA(マーケティングオートメーション)の
Pardotの基本的な知識やSalesforceとの連携、さらにはどの数値が
マーケティングに重要なKPIなのかなどを問われる試験です。

僕もいくつか受験してきましたが、
他にも難しい試験はたくさんありましたが、
この試験に関しては実際の環境を触っていないと難しいと感じました。

が、触ったことがなくても勉強次第で合格まで持っていくことは可能です。
なぜなら、
僕も一切Pardotは触ったことがありません!

ということで、どのように勉強をして、どんな結果だったかを振り返って
みたいと思います。

一回目までの勉強方法、勉強時間は?

Salesforce 認定 Pardot スペシャリストの合格基準は
72%の正答率と他の試験に比べるとやや高めです。
60問中72%なので約43問の正解数が必要になると思われます。

なので、しっかり対策をと思い、

  • Pardot関連のTrailheadを全てやる
  • 試験問題集作成
  • 用語集作成
  • 模擬試験会場開設
  • 公式ドキュメント読み込み

この5点を中心にやり込みました。
全体で40時間くらいかと思いますが、その中でも特に注力したのが、

  • 模擬試験会場開設→やり込み
  • 公式ドキュメント読み込み

この二点です。
僕のブログやTwitterでも書いていますが、
Salesforceの資格試験の必勝法と思っている、この二点を重点的にやりました。

そして一回目の試験を受けたんですが、、、

結果は不合格、、、。でも惜しかった!

結果は不合格、、、。でも惜しかった!

一回目の試験は残念なことに不合格に終わりました。。。
下記が正答率を元に割り出した、予想正答数はあと2問たりず。。。

試験を振り返ってみると、こんなのどこかで言ってたかな。。。
という問題がおおく、自分の勉強不足を痛感。

試験って本当にうまくできています。
あくまでも基本知識ではなく応用なところをしっかり出してくれているのもいいです。
中途半端な知識では合格できないようにできてますね。

そうなんです、僕の前述した必勝法には少し中途半端な部分があったんです。
それは。。。

Trailheadは重要な参考資料

Salesforce 認定 Pardot スペシャリストの試験ガイドには
公式のPardotのTrailMixが用意されています。

【Salesforce公式】認定 Pardot スペシャリスト 対策 Trailmix | Salesforce Trailhead
Trailhead Academy - 認定 Pardot スペシャリストを目指す方向けの Trailmix です🐻

これをさらっとしか流していなかった僕。
さらにPardotのTrailheadはクイズのみで実践がないため、
わかったつもりになっていたんですが、
再度しっかり読み込むと、ちゃんと試験に出ていた内容が書いてました。

これからPardotスペシャリストを目指す方のために、もう一度いいます。
Pardot のTrailheadの内容はちゃんと試験に出ます。

ってことで自分の試験問題集を再度して、しっかり既存の知識を確認しながら、
TrailheadやTrailMixで紹介されているドキュメントを読みながら
再度勉強を開始。

数時間でこれなら2問分カバーできると確信して受験申し込みをしました。。。

一夜漬けで見事合格!総合的な対策必須!

ということで、二回目の試験を受けてきて、
なんとか合格することができました。

昨日よりも約12%、7問以上正答数をあげることができました。
それでも100%が程遠いことに愕然としたんですが笑

今回の失敗と反省は

  • 公式のTrailMixにはドキュメントを含めて試験範囲がしっかり説明されている
  • Trailheadは重要な資料。何度もやり直す価値がある

この二点を再確認できたので自分としては今後の試験対策が
より充実するということでいい経験になりました。


ということでなんとかSalesforce 認定 Pardot スペシャリストに合格できました!

この記事は僕の反省と努力を書き示しているので、
今後Salesforce 認定 Pardot スペシャリストを目指す方の道標になればと思います。

Pardotの試験に関してまとめています。

Salesforceの資格試験をおさらいしておきましょう!

資格取得のサポートしています!