資格勉強

【Salesforce 資格】〜受験体験記〜 Pardot コンサルタント

資格勉強
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
今回はSalesforce 認定 Pardot コンサルタントの試験を受けてきましたので、
その体験記を書いていきたいと思います。

結果は。。
不合格でした、、、。
結論から言うと経験不足が露呈したかと思っております。

と、いう事でしっかり落ちました。
やっぱり一筋縄ではいかないSalesforceの資格試験。
どんな試験だったかを詳細に残していきたいと思います。

スポンサーリンク

【Salesforce 資格】〜受験体験記〜 Pardot コンサルタント

【Salesforce 資格】〜受験体験記〜 Pardot スペシャリスト

今回僕が受験したのは、

Salesforce 認定 Pardot コンサルタント

という試験です。
コンサルタント系のSales、Service、Communityとは違い、
アドミニストレータの資格を持っていても受けることはできず、
Pardotスペシャリストの資格保持が受験のために必要です。

試験時間は90分
合格ラインは70%で
他の試験に比べるとやや高めの合格ラインとなっています。

実際に受験してみて、
結構な量の文章問題で、解答も長い割りに少しだけ違ってたりと
時間も90分では足りないと思うような試験でした。

では今回の試験の結果詳細を貼っておきます。

ニアピンではあったがしっかり不合格!

Salesforce 認定 Pardot コンサルタントの合格基準は
60問中70%なので約42問の正解数が必要になると思われます。

今回の受験での正答率は下記でした。

ここから自分で計算した回答数がこちらです。

42問に対して、39問正解。。。
あくまでも予想なので必ずしもこれが正ではないですが、
かなり惜しかったのではないかと予想できます。

必要なのは経験かも。。。

結果は不合格、、、。でも惜しかった!

今回受験して感じたことをまとめておくと、

  • ケースに対応できる経験が大事
  • 細かい設定まで頭の中で組み立てれないと厳しい
  • 勉強次第でPardotの枠組みを知ることはできる

この3点につきると思います。
前回のスペシャリストに引き続き、
今回も全くPardotを触ったことがなく試験にチャレンジしました。
スペシャリストの時は1度落ちても『勉強する内容』を細かい部分まで
ドリルダウンすれば二回めは問題なく合格できました。

今回の試験はそうではなく、このような場合にどうするのが正解か。
どのソリューションを使うべきなのか。を問われる試験でした。
(コンサルタントなので当然ですが)

結構印象に残っているのは、
どの自動化ツールやリストを使うのか、どの条件で対応させるのか
などの問題が多かったと思います。

ただ使ったことがない自分にとっては、理論上のベストプラクティスはわかっても
経験上のベストプラクティスなのかどうかがわからない。。。

そこが今回落ちた大きな理由なのかなと感じました。
なので、次はもっとしっかり準備した上で試験に望みたいとも思いました。


ということで、今回の結果は残念ながら不合格でした。
ただ最後の最後に書きますが、このブログで出している
試験問題集の問題もちょいちょい出ます笑

なので決して無駄にはならないかと思いますが、
ここだけに頼らずSalesforceの公式Helpをしっかり読み込み
理解した上で受験していただくことをおすすめ致します!

Pardot コンサルタントの試験に関してまとめています。

Salesforceの資格試験をおさらいしておきましょう!

資格取得のサポートしています!

コメント