資格勉強

【試験問題】Salesforce 認定 Einstein Analytics and Discovery コンサルタント 資格取得へ⑩

資格勉強
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
今回はEinstein Analyticsの資格である
Salesforce 認定 Einstein Analytics and Discovery コンサルタントの
試験想定問題集を載せていきます。

スポンサーリンク

問91

Einsteinコンサルタントは、EinsteinAnalyticsの実装を希望するクライアントから新しいプロジェクトを受け取ります。現在、Einstein Analyticsはありませんが、ユーザーが正しくアクセスできるようにする方法についてのガイダンスが必要です。彼らには1000人のユーザーがいて、データセットとダッシュボードを作成する3人の小さなチームがいます。さらに15人がダッシュボードを作成できるはずです。残りのユーザーはダッシュボードのみを表示できるようにする必要があります。コンサルタントはどの推奨事項をクライアントに提供する必要がありますか?

A.定義された3種類の役割に従って、Salesforce権限セットを作成して割り当てます
B.定義された3種類の役割に、アプリの権限「viewer /」、「editor」、「manager」を割り当てます
C.定義された3種類のロールに従って、3つの新しいSalesforceプロファイルを作成して割り当てます。
D.ダッシュボードのみを表示する必要があるユーザーに「EinsteinAnalytics Explorer」ライセンスを割り当て、データセットとダッシュボードを作成できる必要があるユーザーに「EinsteinAnalyticsDeveloper」ライセンスを割り当てます

B.定義された3種類の役割に、アプリの権限「viewer /」、「editor」、「manager」を割り当てます


問92

ある会社は、Einstein Analyticsを使用して、販売パイプラインの傾向を分析したいと考えています。 同社は販売プロセスを加速させたいと考えています。 そのためには、機会が各段階で費やす平均時間を知る必要があります。 この値はSalesforceで事前に計算されていないため、コンサルタントはデータフローを使用して計算することをお勧めします。 データフローを使用して、商談が各段階で費やす平均時間をどのように計算できますか?

A.期間を計算するためのSAQL式を使用したcomputeExpression変換
B.期間を計算するために、オフセット式を使用して変換をフラット化します
C.期間を計算するためのオフセットパラメーターを使用したcomputeRelative変換
D.期間を計算するためのSAQL式を使用したcomputeRelative変換

D.期間を計算するためのSAQL式を使用したcomputeRelative変換


問93

Einstein Discoveryでストーリーを作成する場合、ビルドストーリーを実行する前に、すべての潜在的な同一線上のフィールドを削除する必要がありますか?

A.はい。 すべての共線変数が除外されていない場合、モデルは適合しすぎて意味がありません
B.いいえ。できるだけ早く共線性を排除するのが理想的ですが、アインシュタインはビルド後に警告を出し、リッジ回帰は共線性の過剰適合を防ぎます。
C.いいえ。アインシュタインの発見は共線性の影響を受けないため、ストーリーとその後のモデルは問題ありません。
D.はい。 共線変数が削除されない場合、EinsteinDiscoveryモデルのビルドは失敗します

B.いいえ。できるだけ早く共線性を排除するのが理想的ですが、アインシュタインはビルド後に警告を出し、リッジ回帰は共線性の過剰適合を防ぎます。


問94

クライアントには、セールスマネージャー用のダッシュボードがあります。 彼らは、月の名前を表示するリストフィルターが必要です。 ただし、「CloseDate_Month」フィールドに基づいて、リストフィルターには名前ではなく数字が表示されます。 EinsteinコンサルタントがDataflowノードを使用して、データセットの新しいディメンションとして月の名前を生成するにはどうすればよいですか?

A.平らにする
B.相対を計算する
C.式を計算する
D.項目を追加する

C.式を計算する


問95

アインシュタインコンサルタントは、マーケティング部門からリードコンバージョンの理解を支援するためのリクエストを受け取ります。 現在、彼らは売り上げに変換されるリードの割合を認識していません。 彼らは、アカウントマネージャー、価値、および四半期ごとに結果を表示することを望んでいます。 データはそこにあるので、コンサルタントはそれをマーケティングダッシュボードに追加できます。 このメトリックはどのように計算する必要がありますか?

A.比較テーブルを使用してダッシュボードに新しいステップを作成し、式を定義します
B.Salesforceのリードオブジェクトに数式項目を作成し、データセットに追加します
C.データフローにcomputeExpressionを作成します
D.比較テーブルと現在の合計関数を使用して、ダッシュボードに新しいステップを作成します

A.比較テーブルを使用してダッシュボードに新しいステップを作成し、式を定義します


問96

Einstein Analyticsコンサルタントには、データ同期(レプリケーション)に関するパフォーマンスの問題が通知されます。 コンサルタントは問題を調査し、不要なデータが同期されていると判断します。 データ同期(レプリケーション)のパフォーマンスを向上させるために、コンサルタントはどのソリューションを実装する必要がありますか?

A.未使用のフィールドを除外するようにデータフローを変更し、関連データを抽出するためのフィルターを含める
B.データセットの数を減らして、データ同期(レプリケーション)のパフォーマンスを向上させる
C.未使用のフィールドをフィルターで削除して関連データを抽出することにより、既存のデータ同期(レプリケーション)プロセスを更新します
D.関連データを抽出するためのフィルターを使用して、未使用のフィールドを除外する新しいデータフローで最初からやり直します

C.未使用のフィールドをフィルターで削除して関連データを抽出することにより、既存のデータ同期(レプリケーション)プロセスを更新します


問97

会社は、アカウントチームに属するユーザーが、EinsteinAnalyticsでそのアカウントに関連付けられているすべての商談を表示できるようにしたいと考えています。 この要件を満たす2つのアクションはどれですか? 2つの答えを選択してください

A.共有継承を適用する
B.Salesforceアカウントと商談オブジェクトの間に主従関係を作成します
C.データフローで、AccountTeamMemberオブジェクトを抽出し、結合フィールドとして「Accountld」を使用してOpportunityオブジェクトで拡張し、次のセキュリティ述語を適用します。’AccountTeamMember.Userld’ == “$User.Id”
D.データフローで、OpportunityTeamMemberオブジェクトを抽出し、結合フィールドとして「Opportunityld」を使用してOpportunityオブジェクトで拡張し、次のセキュリティ述語を適用します。’OpportunityTeamMember.Userld’ == “$User.Id”

A.共有継承を適用する
C.データフローで、AccountTeamMemberオブジェクトを抽出し、結合フィールドとして「Accountld」を使用してOpportunityオブジェクトで拡張し、次のセキュリティ述語を適用します。’AccountTeamMember.Userld’ == “$User.Id”


問98

大企業がEinsteinAnalyticsをフィールドセールスに展開しています。それらには明確に定義された役割階層があり、全員が階層上の適切なノードに割り当てられます。セールスバイスプレジデントは、その階層にロールアップするすべての人の機会を表示できる必要があります。個々の営業担当者は、自分が所有するすべての商談を表示できるか、アカウントチームまたは商談チームの一部として表示できる必要があります。セールスマネージャーは、セールスチーム全体のすべての機会を表示できる必要があります。同様に、営業担当副社長は、その階層にロールアップするすべての人の機会を表示できる必要があります。オポチュニティデータセットには、オポチュニティの所有者を表す「Ownerld」というフィールドがあります。この情報を前提として、アインシュタインコンサルタントはどのようにして上記の要件を実装できますか?オポチュニティデータセットには、オポチュニティの所有者を表す「Ownerld」というフィールドがあります。この情報を前提として、アインシュタインコンサルタントはどのようにして上記の要件を実装できますか?

A.データフローの一部として、役割階層でフラット化操作を使用し、商談データセットに「ParentRolelDs」という複数値属性を作成し、次のセキュリティ述語を適用します。’ParentRolelDs’ == “$User.UserRoleId” && ‘Ownerld’ == “SUser.Id”

B.データフローの一部として、RolledフィールドでcomputeRelativeを使用して、商談データセットに「ParentRolelDs」という属性を作成し、次のセキュリティ述語を適用します。’ParentRolelDs’ == “$User.UserRoleId” || ‘Ownerld’ == “$User.Id”.

C.データフローの一部として、RolleldフィールドでcomputeExpressionを使用して、商談データセットに「ParentRolelDs」という属性を作成し、次のセキュリティ述語を適用します。’ParentRolelDs’ == “$User.UserRoleId” || ‘Ownerld’ == “$User.Id”.

D.データフローの一部として、ロール階層でフラット化操作を使用し、商談データセットに「ParentRolelDs」という複数値属性を作成し、次のセキュリティ述語を適用します。’ParentRolelDs’ == “$User.UserRoleId” || TeamMember.Id’ == “$User. Id” || ‘Ownerld’ == “SUser.Id”.

D.データフローの一部として、ロール階層でフラット化操作を使用し、商談データセットに「ParentRolelDs」という複数値属性を作成し、次のセキュリティ述語を適用します。’ParentRolelDs’ == “$User.UserRoleId” || TeamMember.Id’ == “$User. Id” || ‘Ownerld’ == “SUser.Id”.


問99

AnalyticsのCSVアップロードのステータスはどこで確認できますか?

A.データマネージャー
B.アナリティクスのホームページ
C. [データセットの作成]ページ
D.セットアップメニュー

A.データマネージャー


問100

アナリティクスにデータを取り込む前に、CSVファイルでデータを準備することが重要なのはなぜですか?

A.アナリティクスがフィールドタイプを正しく設定できることを確認するには
B.数値フィールドに通貨記号を追加するには
C.コンテンツが面白いことを確認する
D.列ヘッダーを削除するには

A.アナリティクスがフィールドタイプを正しく設定できることを確認するには


いかがでしたか?これでちょうど100問になります!
試験合格に向けてがんばりましょう!

初めから挑戦しなおす方はこちらからどうぞ!

他の試験問題集はこちらです。

標準機能のその他の記事はこちらです。

試験対策をさらに強力にサポートします。