資格勉強

【Salesforce 資格】認定 Pardot スペシャリスト 概要

資格勉強
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、アンダーソンです。
今回はPardotスペシャリストの資格についての概要や
Pardotって何?というところを具体的にお話していきたいと思います。

この記事を読んでいただければ、

はてな君
はてな君
  • Pardotってそもそもなに?
  • Pardotでできることは?
  • Pardotの資格を取りたいけど何から始めれば?

というのがご理解いただけるかと思います。

スポンサーリンク

Pardotとは?

Pardotとは?

PardotはSalesforceというCRMツールに連携する
マーケティングを自動化するシステムのことです。

マーケティングの自動化はMA【MarketingAutomation】といい、
世の中にはPardot 以外にもたくさんのMAツールがあります。

Pardotは世界一のCRMシステムのSalesforceと連携することにより、
マーケティングからセールスまでを一貫して管理することで、
よりスムーズでシームレスな顧客管理をすることができます。

例えば自社の広告宣伝に対して反応した見込み客に対して
営業マンが素早く連絡をします。
その際にその広告のどの部分をクリックしたか、
どんなページに興味を持っているかなどを確認することができます。
さらに、見込み客をスコアリングして、より確度が高い商談に
つなげていくこともできます。

Pardotの資格は2種類!まずはスペシャリストを目指そう

Pardotの資格は2種類!まずはスペシャリストを目指そう

Pardotの資格試験には2種類あります。

  • Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト
  • Salesforce 認定 Pardot コンサルタント

このうち、コンサルタントは前者のスペシャリストを保持していることが
受験の条件になります。
ですので、Pardotの資格を取得するのであれば、

Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト

から目指していくことになります。
気になる試験の概要ですが、

Pardot を使用して、マーケティング施策におけるワークフローを設計、構築、実装するための知識があることを認定します。

出題数/制限時間: 60 問/ 90 分
合格ライン: 72% 以上の正答数

と言った内容です。
合格ラインが他の試験に比べるとかなり高いので、
しっかりと知識をつけた上で望まないと危険だと思います。

試験にむけての勉強方法は?

試験にむけての勉強方法は?

Salesforce 認定 Pardot スペシャリストの資格取得にむけて
どう勉強していくのがいいのでしょうか。

僕自身も現在資格取得に向けて猛勉強中なんですが、
今の状態でお伝えできることを書いていきます。

  • Pardot関連のTrailheadは全てやり込みましょう。(公式のTrailMix)
  • 試験問題(想定)を解いていきましょう

お伝えできるのはこの二点です。
残念なことにPardotはSalesforceのDeveloper環境のようなものがありません。
なので、実際に手を動かすことができないので、とにかく用語や試験の想定問題を
解いて頭に詰め込むしかないです。

ただ下記のツイートは救いかもしれませんので
可能性がある方はSalesforceに問い合わせてみるのもありかもしれません。

触れるなら触った方が間違いなくいいので、時間がある方は是非。
僕はあまり時間がないので、問い合わせはしてみましたが、
どうなることやら。。。といった感じです。


ここまでご覧いただきありがとうございました。
Pardotスペシャリスト資格取得に向けて、現在アンダーソン自身も
もう勉強中でございます。
一緒に頑張る!なんて方は是非コメントでもいただけたら嬉しいです。

Pardotの試験問題集はこちらからどうぞ。

Salesforceの他の資格はどんなものがあったかな?
資格について詳しく解説しています。

コメント